マルチスペクトル複眼カメラ

Multi-Spectrum TOMBO(Thin Observation Module by Bound Optics)

 

お知らせ

4眼構成のマルチスペクトル複眼カメラPiTOMBO製品版を販売中です

PiTOMBO製品版のサンプルを貸出可能です → 貸出のお問合せはこちら

カタログのダウンロードはこちらから → カタログ表 カタログ裏

複眼カメラとは

 

複眼カメラの構造 1つのイメージセンサに対して複数の撮像レンズを配置し、
マルチカメラを構成、レンズは短焦点化
複眼カメラの用途 様々な多次元画像を同時に取得
例:自由で多波長なマルチスペクトル撮影

マルチスペクトルカメラの具現化方法

ハイパースペクトルカメラ (高い波長分解能↔大型化)
フィルタ入れ替え方式 (高自由度↔低速)
マルチカメラ方式 (高自由度↔複雑化)
マルチスペクトルフィルタイメージセンサ方式 (既存光学系流用可↔低自由度)
マルチスペクトル複眼カメラ方式 (高自由度・既存カメラ流用可・薄型)
マルチスペクトルカメラの具現化方法
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
様々な展開可能性

マルチスペクトル複眼カメラ構造

PiTOMBOとは

PiTOMBOの特徴

PiTOMBO(パイトンボ) = PiCamera(パイ) X TOMBO(トンボ)

PiTOMBO(パイトンボ)は、ラズベリーパイ用カメラ PiCAMERA v2をベースとした4眼複眼カメラです。
 (注)TOMBOは複眼カメラの愛称、複眼カメラは大阪大学発の多レンズ・1センサ・多目的カメラ技術

「特徴」

1つのカメラで4種類の異なる撮影条件の画像を1枚の画像として撮影できます。

3タイプ~RGB4眼・近赤外4眼・RGB1眼+近赤外3眼、様々な応用展開が可能です。

マルチスペクトル撮影、個眼間視差活用、個眼間時間差活用、マルチ偏光撮影など使い方は様々。

使い易いラズパイ環境をそのまま活用でき、システム展開が容易です。

PiTOMBOの外観

装着フィルタとキャプチャ画像

複眼カメラの導入例

8K放送機器への応用

国際画像機器展2018参考出展(アストロデザイン株式会社様展示ブース)

8K放送用Super35mmセンサによる16眼マルチスペクトル複眼カメラ

Super35mmセンサ搭載カメラ+16眼マルチスペクトル複眼光学系 2018年

特徴:16個眼同時並列出力+FullHD高精細個眼像

8Kカメラ:アストロデザイン株式会社製

 

精密農業への応用

2018年 国際農業機械展2018(帯広)出展(AIRSTAGE社様ブース)

ドローン搭載1インチ12M画素RGBカラーカメラ+6眼マルチスペクトル(RGB+5波長)複眼光学系

株式会社AIRSTAGE・(株)アサヒ電子研究所共同開発

 

JST-SCORE2017 助成研究

1/2インチ白黒センサ使用カメラ基板+9眼マルチスペクトル(8波長)複眼光学系

大阪大学大学院情報科学研究科谷田教授&(株)アサヒ電子研究所

専用ドローン開発協力:エアロジーラボ株式会社 2017~18年

 

PiTOMBO掲載記事紹介

マルチスペクトル複眼カメラPiTOMBO 展示会紹介パネル(OPIE2019)

大阪大学の新技術紹介ページ

オプトロニクス社ニュースサイトでのOPIE2019出展紹介記事

日本経済新聞記事「複眼カメラで作物の生育把握」